ファッションにコスプレ・仮装に欠かせないカラコンの正しい着用

カラーコンタクトレンズ、いわゆるカラコンはレンズの瞳(サークル)部分に様々な色が着色されたコンタクトレンズを意味しています。着色されたサークルの色は黒のみならず、青系・緑系・茶系・赤系・ベージュ系・ゴールド系など、様々なバリエーションを用意している製品もあれば、特定の色一色のみしか用意していなかったりと、製品によりカラーバリエーションはまちまちです。現在市場に出回っているカラコンの種類は、1日のみの装着が許されている、ワンデーディスポーサブル(1日使い捨て・1日使い切り)タイプもあれば、1・2週間か1・2か月、長くて半年か1年間装着できるタイプもあります。


有名芸能人や雑誌専属・読者モデル、有名歌手が製品開発に携わった製品、紫外線をカットするタイプの製品も販売されています。最近に入ってカラコンが注目された背景には、若い女性層をターゲットにしたファッション系雑誌内で、目を大きく見せるアイメイク、いわゆる「デカ目」メイクテクニックの一種として、つけまつげ(アイラッシュ)と並んでカラコン装着を推奨したという経緯を持っています。ファッションにおける「デカ目」メイクテクニックのみならず、仮装やコスプレ(コスチューム・プレイ)においても、カラコンが装着されることが少なからずあります。これはコスプレにおいて、対象となるキャラクター(特に漫画やライトノベル、アニメ、ゲームでの登場人物)に忠実に近づけるため、ウィッグ(かつら)と共に装着するといわれています。主な購入可能場所としては、ドラッグストア(薬局・薬店)のほか、ディスカウントストア、インターネット・モバイルなどの通信販売がメインとなっています。


しかしカラコンは他のコンタクトレンズと同じく医療機器の一種であるため、購入する際には販売許可が許された店舗で処方箋が無ければなりません。装着中にドライアイや角膜を傷つけるなどの眼病を発してしまう危険性を伴うため、装着する際はまず手を入念に洗い、洗眼剤で目を洗っておくなど、手や目を清潔に保つことが大切です。装着レンズ自体も、ワンデー・ディスポーサブルタイプを除き、外した後はレンズを丁寧に洗い、すすぎ、消毒しておくことが非常に重要です。以上の注意点を守っておけば、ファッションのみならず仮装・コスプレにおいても、安全かつ快適にカラコンを装着できると思います。もちろんアフターケアとして、眼科での定期検査や目薬の使用、目を洗うことも忘れずに行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)